あらゆる場所をワークスペースにする

スペース運営を、もっと手軽に

 
コワーキングスペース、レンタルスペース、シェアオフィス。

スペースの運営はさまざまな“管理”に手間がかかります。
利用者の管理はもちろん、滞在時間やプランといった“管理”も存在します。

手間のかかる“管理”が少しでも手軽になるように、
スペース運営の現場をサポートするためのITツール。

 

 

こんな問題を抱えていませんか?

スペース利用者の滞在時間を
運営側が把握しきれない

利用者一人ひとりの利用時間を細かく管理することができない。全ての利用者の入室時刻を覚えておくのが難しい。

スペース利用者への
会員カード発行に手間がかかる

カードの在庫を抱える上、カード発行に手間がかかる。利用者のカード紛失リスクが高く、受付前でのタイムロスが多い。

利用者に合わせた
柔軟なプランの提案ができない

利用者によって滞在時間はさまざま。柔軟なプランを提案したいが、滞在時間の管理に手間がかかるためプランを増やすことができない。

「anyplace」で問題解決へ!

 
「anyplace」は、Beacon端末を設置し、スマートフォンと連携することで
「場所」と「時間」の情報を記録することができます。

滞在時間管理ツールとしての
「anyplace」

 
スペース提供者が、利用者の滞在時間を管理するためのツールとして利用。
明確な時間管理と詳細な集計機能で、より柔軟なプランへの対応を可能にします。

利用者の滞在時間を
リアルタイムで管理できる

スペースに配置したBeacon端末と利用者のスマートフォンを連携し、入室・退室の正確な時間を簡単に記録することができます。

利用者が滞在時間を
手元で確認できる

スマートフォンを利用して入退室の時間を記録するため、利用者はスペースの滞在時間をいつでも手元で確認することができます。

誰が、いつ、どのくらい
スペースに滞在したかわかる

集計機能により、明確な合計滞在時間を検索することができます。過去の利用履歴を確認することができるので、柔軟なプランの提案に繋がります。

利用者の情報を
一覧で管理できる

利用者の情報が1か所に集約され一覧で管理できるため、情報が混同することがありません。必要な情報が、必要なときに手に入ります。

機能を詳しく知る

 

 


 

スペース運営の現場が”変わる”

例えば、法人一括契約プラン。

 

 

利用シーンを詳しく知る

 

 

ご利用料金

 
スペースの滞在時間管理を低価格でご提案します。
小規模のスペース管理から、大規模、複数スペースの管理まで。
 

料金を詳しく知る

さらに拡がるシェアリングエコノミーの世界

 
「anyplace」のBeacon端末は、端末ごとに公開設定ができます。
公開設定をすることで、あらゆる「anyplace」利用者が場所の情報を受信できるようになります。
 
「anyplace」は、一般企業に勤怠管理システムとしても活用いただいています。
 
一般企業側でスペースのBeacon端末を勤務許可地点に設定することで
企業に認可されたテレワークの場としてスペースを利用してもらうことができます。

スペース運営者と一般企業が相互に「anyplace」を活用することで
スペースの稼働率のUP、企業のテレワーク推進につながります。
 
「anyplace」は”働き方の選択”を拡げるためのツールです。

anyplaceが目指すこと

 

 

anyplace「滞在管理」トライアル申込み

anyplace「滞在管理」は最大2ヶ月間無料でお試しいただけます。
 

「滞在管理」トライアル申込みフォーム