法人月額¥30,000 anyplace会員

いま “働き方改革” に求められていること

anyplaceコンテンツ

いま”働き方改革”に求められていること

 

 

キャップクラウド株式会社が特許を取得した
「働く場所の選択を拡げる」ための打刻ロケーションシステム『anyplace』。

今回は製品のプロモーション担当より、
『anyplace』を活用した”働き方改革”についてお届けします。

◆『anyplace』を活用した”働き方改革”

<その1> 〜テレワーク導入時の課題を軽減する〜

皆さんのこれまでの”働く場所”はどこでしたか?
多くの人は迷うことなく「オフィス」と回答するでしょう。

満員電車に揺られ、「オフィス」に出勤し、必要があればお客様先へ外出する。
外での仕事が終わればまた「オフィス」に戻り、
必要な事務作業を片付けてから満員電車に揺られて帰宅する。

今までの働き方の多くがこのように「オフィス」で働く
「オフィスワーカー」であったと思います。

しかし現在の日本は、
「働く環境」の整備が必要となるさまざまな社会課題を抱えています。
これまでのように「オフィス」に出勤して仕事をするという「働き方」自体が難しいと感じる場面が増えてきたのです。

この「オフィス」に出勤するという働き方を変えるために
企業がテレワークを導入しやすくなるよう、私達は『anyplace』を開発しました。

『anyplace』はキャップクラウド株式会社が提供している打刻ロケーションシステムです。
働く場所にBluetoothの電波を発信する機器(Beacon端末)を設置し、
端末から発信される電波をスマートフォンでキャッチして打刻アクションすることで、
「誰が」「どこで」働いているかをリアルタイムに確認することができます。

『anyplace』を活用することで、
企業がテレワークを導入する際に発生する
・「誰が」「どこで」「いつ」働いているかがブラックボックス化してしまう
・さまざまな場所での出退勤を管理する必要がある
といった課題を軽減できます。

<その2> 〜サードプレイスで働くという選択

皆さんの周りに、働く場所はいくつありますか?

テレワークが普及し始め、「自宅」で働く人は増えています。
しかし「自宅」で集中して仕事ができる環境を整えることは、なかなか難しいものです。

「オフィス」ではなく、「自宅」でもない、
居心地が良く、なおかつ集中して仕事できる「サードプレイス」
もしも自宅の近くにあったとしたら……
そんな「サードプレイス」で仕事がしたいと思いませんか?

『anyplace』は仕事場として利用することができる
さまざまな「サードプレイス」への設置を進めています。
現在はコワーキングスペース、飲食店といったタイプのスペースを中心に
35箇所に設置されています。(2020年3月時点)

企業は『anyplace』が設置されたさまざまな「サードプレイス」の中から
勤務許可する場所を選択することができます。
設定を行うことで「サードプレイス」での勤務を会社として許可することができ、
テレワーク時の「誰が」「どこで」「いつ」働いているかの管理に役立ちます。

『anyplace』は、働く場所の選択肢に
「サードプレイス」という新しい項目を加えることができるツールです。

私達はこれからも、
『anyplace』が企業のテレワーク導入のきっかけになることができるよう
「働き方改革」について考え続けます。

◆『anyplace』活用方法

『anyplace』はBeacon端末を設置し、スマートフォンと連携することで
「場所」と「時間」の情報を記録することができる打刻ロケーションシステムです。

★利用方法は3ステップ★
①「働く場所」にBeacon端末を設置する
②スマートフォンを利用して場所と時間を記録する
③管理画面で記録した情報を管理する

クラウド上に記録された「場所」と「時間」の情報は
スペースの入退室管理従業員の勤務管理に活用することができます。

『anyplace』には、それぞれのニーズに合わせた2つのタイプがあります。
▼詳しい機能はこちら
スペースの入退室管理に活用可能なタイプ anyplace「滞在管理」
https://anyplace.jp/space/function/

従業員の勤務管理に活用可能なタイプ anyplace「在席管理」
https://anyplace.jp/location/function/

今回は『anyplace』を活用した”働き方改革”についてお届けしました。
『anyplace』は「働き方の多様化」に対応するための手段のひとつです。
公共のスペースの価値を向上し、企業のテレワーク推進に役立てるような取り組みを行います。

最後までご覧いただきましてありがとうございました!

関連記事一覧